JUGEMテーマ:歯科あれこれ

 久しぶりの投稿です。とってもお久しぶりです。

なかなか治らない歯肉炎についたのお話です。
若い女性で、歯みがきもなかなかちゃんとできてる感じなのに、出血性の歯肉炎がなかなか治らない方がこられます。
とくに下の前歯と小臼歯(=犬歯の後ろのの小さい奥歯)あたりの歯と歯の間の歯ぐきが腫れていて、器具でそっと触ってもめちゃめちゃ血が出てきます。ひどい人になると歯と歯の間の歯ぐきがボロボロにくずれてきます。
歯石はほとんどついていません。表面の歯垢も少ないです。だけど歯の間の歯ぐきの内側は、歯垢がたっぷり。ドロドロです。
こういう場合、血液を位相差顕微鏡で調べてみると、トレポネーマ・デンティコーラと思われる菌の大発生が見られます。すごい量です。
この菌は免疫抑制因子によって、白血球からの攻撃をはぐらかし増殖します。そしてトリプシン様酵素によって組織を破壊する強力な菌です。

一般的な歯周病治療といえば、歯石取りと歯みがきです。しかし歯石はほとんどついていないし、ハミガキしても菌は死にません。ですからなかなか治りません。
このような患者さんには、パーフェクトペリオ・次亜塩素酸殺菌水を使った歯周病治療をおすすめしております。
細菌でであふれかえった出血が、スッキリきれいになります。後はパーフェクトペリオ・ホームケアでうがいを続けていただきます。
ノナカデンタルクリニック
福岡市博多区中洲の歯科医院ノナカデンタルクリニックの院長、野中紀宏です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA