患者さん方も、最近はいろいろとネットで調べて、こういうふうな入れ歯にして欲しいとおっしゃる方がおられます。ご自分の体になされることですから、よく調べてみるのは良いことですが、ネットで見た写真と同じようにできるかどうかは、その患者さんによります。
同じように奥歯が無い場合でも、残っている歯の状態や歯が無いところの歯茎の状態などによって部分入れ歯の設計、治療の進め方は変わってきます。
例えば、奥歯のブリッジが虫歯になって外れた場合、歯の根が残っているからといって、磁石の入れ歯で治したいというご希望があっても、残った根が虫歯で腐食していたり割れていれば磁石は出来ません。
弾性入れ歯を希望なさっても、残っている歯がレストができない前歯だけでは十分機能いたしません。
ほとんどの歯が虫歯で崩壊して上下の噛み合わせがおかしくなって、入れ歯を入れるスペースが無いところには、どんな入れ歯も入りません。
できるだけ患者さんのご希望に添った義歯をお作りしたいと思いますが、限界は自ずとあります。その中で、できるだけ長持ちして、よく機能して、審美的な義歯ができればと思います。

福岡市博多区中洲の歯科医院ノナカデンタルクリニックの院長、野中紀宏です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA