上は正面から見たテレスコープ義歯です。2本の前歯と左上の小さい前歯と犬歯が残っている歯です。それらの歯は一回り小さく削ってあって、ゴールドのキャップが被せられています。このキャップを被せた歯に、部分入れ歯と一体となった金属の歯がさらにかぶさります。
下は義歯全体です。
上あごの部分はくりぬいた形になっていて、装着感がよくなっています。
通常はこの部分はプラスチックで覆われています。そのためしゃべりづらかったり違和感を訴える方もいらっしゃいますが、この義歯ではそれが解消されています。


義歯の維持力はかなりあります。脱落の心配はまずないでしょう。かみ合わせの高さを回復することによって、上顎全体を後方の骨のふくらみの部位まで、ピンク色の床で覆うことがでいています。入れ歯ではなかなか大切なところです。

福岡市博多区中洲の歯科医院ノナカデンタルクリニックの院長、野中紀宏です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA