お正月休みが終わって、2009年の診療がスタートいたしました。今年もがんばってまいりましょう!

初診の患者さんの写真です。上の前歯が3本残っています。すべてグラグラです。それを歯の間にレジンをつめて固めてありますが、無駄なことです。3本まとめてグラグラします。これに金具がついた入れ歯がなされています。
金具の入れ歯を入れれば、それが抜歯装置となり、入れなければ下の前歯で上の前歯を裏側から突き上げてしまう状態です。
左上(向かって右上)の犬歯は保存不可能です。抜歯です。残りの前歯2本もグラグラですが、この2本は抜歯せずに保存いたします。

テンポラリー(仮義歯)です。
前歯2本は削って小さくなっていますが、抜歯は行っておりません。精密部分入れ歯のテレスコープの土台としてがんばってもらう予定です。
補綴治療終了後にまたご報告いたします。

福岡市博多区中洲の歯科医院ノナカデンタルクリニックの院長、野中紀宏です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA