根管治療 ノナカデンタルクリニック根管治療 ノナカデンタルクリニック

根管治療をするとき、クラウンやコアが入っている歯は、それらを外してしまわないと根の治療ができませんが、それだとラバーダムが使えなかったり、歯の中にばい菌が入り込みやすい状態になります。それでレジンで隔壁を作ったり、テンポラリークラウン(仮歯)を作って接着したりします。そうしてラバーダムが使えるような状態にして、やっと根の部分の治療に入ります。煩雑ですが、その方が術者も患者さんもストレス少なく治療できるんです。

ノナカデンタルクリニック

http://nonaka-dc.net/

福岡市博多区中洲の歯科医院ノナカデンタルクリニックの院長、野中紀宏です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA