矯正装置を外しました。矯正の時に、歯に付ける装置をブラケットといいます。歯を動かす治療段階が終了したら、このブラケットを外して保定装置を使う治療段階になります。

初めの模型です。歯の間に隙間が多く、上の前歯が斜めになっています。

ノナカデンタルクリニック
右側
ノナカデンタルクリニック
正面
ノナカデンタルクリニック
左側

 

次は装置をつけて1ヶ月半。

ノナカデンタルクリニック
右側です。
ノナカデンタルクリニック
正面です。前歯4本はくっついています。捻れも解消して歯がまっすぐになってきました。
ノナカデンタルクリニック
左側です。奥歯もねじれています。

 

1年1ヶ月後、ブラケットオフしました。

ノナカデンタルクリニック
右側です。
ノナカデンタルクリニック
前歯の隙間がなくなり、歯がまっすぐです。
ノナカデンタルクリニック
左側です。奥歯も捻れが取れてまっすぐです。

 

次の治療は、保定装置(=リテーナー)をつけてもらいます。これは取り外しできる装置です。歯の内側と外側から挟み込んで押さえているような装置です。これを使わないと、歯が後戻りしてしまいますので、重要なものです。これから経過観察が始まります。

ノナカデンタルクリニック
リテーナーです。
福岡市博多区中洲の歯科医院ノナカデンタルクリニックの院長、野中紀宏です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA