部分入れ歯のことを、パーシャルデンチャーといいます。あるいは簡単に、パーシャルということもあります。ちなみに、総義歯は、コンプリートデンチャーです。
パーシャルデンチャーは、金属床がよろしいです。とくに下顎のパーシャルデンチャーは、丈夫なしっかりした金属床が望まれます。レジン床(プラスチック)では、咬んだとき、歪みが大きいです。それは、 歯がない部分が長いほど厳しくなります。
その部分とかみ合っている上の歯が、入れ歯であれば、さほどでもないかもしれませんが、それでも下顎のパーシャルデンチャーは丈夫な金属床に限ります。

福岡市博多区中洲の歯科医院ノナカデンタルクリニックの院長、野中紀宏です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA