パーシャルデンチャーは、歯につかまっています。その時のつかまり方は大切で、つかまっている歯を歯の根っこの方向に押さえ込むような感じにします。そのためには、歯のかみ合わせの面に乗っかる装置が必要で、それをレストといいます。これも出来るだけ、大きくて丈夫なやつがいいです。
レストが乗っかる歯のかみ合わせのところには、レストが安定するように、かみ合わせでレストが出っ張らないように、くぼみが必要です。それはレストシートといいます。パーシャルデンチャーの設計において、これはとても重要なものです。

福岡市博多区中洲の歯科医院ノナカデンタルクリニックの院長、野中紀宏です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA