最近、バルプラストデンチャーといって、金具がいらない部分入れ歯をやっています。
この部分入れ歯は、ピンク色をした義歯のプラスチック部分に弾性があり、金具のかわりに歯をつかむことができます。そのために、歯に金属色の金具がかからずに、審美的というわけです。
まったく金属を使わなくてもできるのですが、金属床を併用して、レストを設定すべきです。レストは大切です。このことについては、以前に書いてあります。
しかし、バルプラストと金属床の併用タイプは、レストが歯のかみ合わせの上に設定されますので、下の入れ歯の場合、レストが見えることを考慮すれば、審美的には不利です。でも入れ歯の性能からいうと、併用タイプの方がよろしいと思います。
バルプラストデンチャーの欠点は、床の部分の適合が甘くなった場合に、プラスチックの継ぎ足しができないことです。全体が作り直しになります。再製作が何年後になるかはわかりません。
できるだけひとつの入れ歯を永く使用したいということであれば、通常のレジン(=プラスチック)を用いた部分入れ歯で、金具が見えない工夫をした方がよいでしょう。

福岡市博多区中洲の歯科医院ノナカデンタルクリニックの院長、野中紀宏です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA