部分入れ歯を入れると、金具をかけた歯が悪くなることがあります。奥側に入れ歯を支える歯がなくて、前方に残った歯だけで奥の入れ歯を支えている場合とくに危険です。(大抵の場合、部分入れ歯はこのタイプですが)
これは、入れ歯に噛む力が加わった場合、義歯の部分が沈んで、金具をかけた歯を、後方へ引き倒すように力が作用するからです。
これを防止しなくてはなりません。このままでは、部分入れ歯は抜歯装置です。
残っている歯を守るための部分入れ歯でなければなりません。そのための、残った歯を含めた部分入れ歯の設計を行うことが大切です。
部分入れ歯の大事な役目は、残りの歯を守ることです。

福岡市博多区中洲の歯科医院ノナカデンタルクリニックの院長、野中紀宏です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA