患者さんは、ブリッジや入れ歯、インプラントになるとき、歯を抜くことになります。
この時、患者さんに、この歯はもう抜いた方がいいですよ。と申しますと、必ずこうおっしゃいます。「抜いたら、後はどうなるんですか?」そして、「新しく歯が入るまでの間、抜けたままですか?」
患者さんは、歯を抜くこともですが、その後のことをご心配されます。当然ですね。
また、それが前歯を抜くとなると、ご心配は倍増します。前歯が抜けたままでは、診療台から降りるわけにはいかないですよね。それならば、患者さんの歯を抜く以前に、代わりの歯をご用意しておかねばなりません。そしてそれが入れ歯であれば、以前のエントリーでもご紹介した「即時義歯」の出番。ということになります。

福岡市博多区中洲の歯科医院ノナカデンタルクリニックの院長、野中紀宏です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA