スピードの矯正装置です。真ん中のレールがアーチワイヤーがセットされるスロット。その下に見える丸いのが、スプリングクリップ。いまはスプリングクリッ プが開いている状態です。上についているキノコみたいなのは、マッシュルームフック。上顎は前歯から大臼歯までこのタイプを使います。下顎の大臼歯は チューブを使うことが多いです。

福岡市博多区中洲の歯科医院ノナカデンタルクリニックの院長、野中紀宏です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA