今日は症例写真です。スピードブラケットを装着していただいてます。メタルです。でもアーチワイヤーを、ゴムや結紮ワイヤー(極細の針金)で、しばってい ないので、見た目にもすっきりしていると思います。左側には八重歯があったり、下の前歯は内側にへこんでいて、それを治すのにかなり装置が込み合っていま す。でもスピードッブラケットだからできるやり方で治療を行ってあります。白や透明のセラミックやプラスチックのブラケットではできない方法です。
スピードは、ワイヤーもスピード専用で、システムになっています。お掃除がしやすくプラークがたまりにくい、歯の動きがスムーズなど利点の多いシステムです。

福岡市博多区中洲の歯科医院ノナカデンタルクリニックの院長、野中紀宏です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA