患者さまが、総入れ歯になるとき。それは、いろいろなケースがあるのですが、部分入れ歯からの移行でない場合、歯を抜いてすぐに、入れ歯が必要な時があります。
重度に、広範に進行した歯周病やインプラントの失敗のケースが多いです。この時、いままで曲がりなりにも体裁を保っていた前歯が、すべてなくなってしう訳ですから、歯医者を、そのまま出るわけにはいかないでしょう。それに食事もできません。
その場合、事前に、歯を抜く前に、入れ歯をご用意しておく必要があります。即時義歯といいます。
即時義歯は、患者さまに、まだ歯がある時点で、お口全体の上下の歯型とかみ合わせの型をとり、模型を作ります。その模型上で歯の部分を削り、義歯を作製します。これを準備し、患者さまの歯を抜歯後、装着するものです。
すぐに十分機能できるものではありませんが、審美的に、また食事の面でも、どうしても必要なものとなります。

福岡市博多区中洲の歯科医院ノナカデンタルクリニックの院長、野中紀宏です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA