虫歯を放置して、あるいは治療したのに再発して歯の神経をとった後、銀合金のメタルコアを歯に入れると、歯の根の色が黒くなることがあります。
銀合金が腐食して、金属イオンが溶け出すからです。銀合金のメタルコアを外しても、歯の根は黒いままですから、その色は歯ぐきの色に影響します。
黒くなった歯の根の漂白も試みられているようですが、歯の根の色は、本来白いものです。それが変色しないようにしたいものです。
また、銀合金のメタルコアを削ったとき、その周りの歯ぐきが腫れていたり、傷ついていると、削ったメタルのパウダーがそこから入り込んで、入れ墨のようになることがあります。

福岡市博多区中洲の歯科医院ノナカデンタルクリニックの院長、野中紀宏です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA