差し歯をすると歯ぐきが黒くなるって本当でしょうか。
答えは〇です。でも、そうならないように、することもできます。

歯ぐきが黒くなるといっても、歯ぐきそのものが黒く変色するわけではありません。歯ぐきの中に、黒っぽいカゲが透けて見えることがあります。メタルコアのカゲです。メタルコアは、神経をとった歯を内側から補強する金属の芯です。これが、特に歯ぐきの厚みが薄い人では、歯ぐきを黒っぽい色に見せます。
またメタルボンドクラウンも、歯ぐきの縁のところを暗い色にすることがあります。これは、メタルボンドクラウンはセラミックの歯ですが、内側は金属で、金属のキャップにセラミックを焼き付けた構造になっています。そのために、金属が光の透過を遮断し、歯ぐきの色を暗くすることがあります。

これらのことを防止するには、金属を使わない、メタルフリー修復にすることで、良い結果が得られます。
以前は、メタルコアの代わりに、セラミックのコアが使われていました。セラミックですから、光の透過がよく、コアのカゲはできません。最近は、グラスファイバーでできたポストとレジン系のコア材を組み合わせた、グラスファイバーポストコアがよく使われているようです。これに被せるクラウンは、金属を使わないオールセラミッククラウンにします。

福岡市博多区中洲の歯科医院ノナカデンタルクリニックの院長、野中紀宏です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA